【お手軽ボーンフィッシュ】フライフィッシングで本気で狙うニゴイ

フライでニゴイ フライフィッシング

片道数時間かけて渓流に行く余裕がないが、釣りはしたい。
そんなときに、近場で楽しめるスリリングな釣りがあります。
今回おすすめするのは、フライフィッシングで狙うニゴイ釣りです。
バス釣りや本流域のサケ・マス類の外道としておなじみのニゴイですが、その引きの強さは本命に劣るものではなく、私はニゴイ連発で筋肉痛になったことさえあります。
私はボーンフィッシュを釣ったことはありませんが、Youtubeなどで見ている限り、見た目やサイズ感、狙い方などがニゴイに近く、同等なゲーム性があると思っています。
琵琶湖では、ワームでの釣果ですが70cmオーバーも何度か釣ったことがあります。外道とはいえ、50cmを超えてくると内心は嬉しいものです。
この記事は、あえてニゴイを積極的に狙ってみようというご提案です。
フライフィッシングでニゴイを釣る戦略について解説します。

ニゴイとは

琵琶湖のニゴイ
琵琶湖のニゴイ

ニゴイとは

鯉に似ているからニゴイという事なのでしょうが、カマツカの仲間だそうです。
本州以西に分布しており、外来種ではなく固有種です。

ニゴイの生態

そこそこの規模の河川の中流~下流域や、琵琶湖などでは、簡単に見つけることができます。
オールシーズン釣れますが、本州太平洋側あたりでは、4月~5月ぐらいが産卵期で、中流域の浅いところで産卵しているのを見かけます。
口が下向きになっており、基本的には底にいる甲殻類や水棲昆虫を食べていますが、琵琶湖では水面に小魚を追い込んで食べていることがあります。

ニゴイの魅力

パワフル

大きいものでは70cmを超えるものもおり、引きが強くスタミナもあります。
渓流ではほとんど無い、リールでのやり取りを楽しむことができ、ギア比=1のフライリールならではの楽しみがあります。

キャスティング

後述しますが、広い場所で遠くからサイトで狙うことが多く、渓流などとは違ったフライキャスティングの技術が問われます。
高番手でオーバーヘッドキャストで遠投するのは気持ちがいいものです。

お手軽

私の地元からイワナ、アマゴなどが釣れるポイントまでは片道2~3時間はかかってしまいますが、ニゴイは身近に生息しており、移動時間や高速代、ガソリン代がかかりません。
ここ数年はゴールデンウィークなどは、渋滞覚悟で遠征し混雑した渓流に行くより、地元でニゴイを楽しむことが多いです。
近年はチヌなどのソルトフライもブームですが、海水ゆえの後片付けの面倒くささがあります。

ストレスがない

ナマズのようなヌメリもなければ、バスのような歯やひれのトゲもなく、釣れた魚に触るストレスがさほどありません。

海外の評価が高い

私のInstagramでも、ニゴイの投稿をしたときに、いいねやコメントなどの海外からの反応が多いです。
ボーンフィッシュだけでなく、海外にもニゴイに似た魚(Spanish barbelなど)がおり、ゲームフィッシュとして人気があるようです。

ニゴイの戦略

甲殻類を模したフライ
甲殻類を模したフライ

タックル

7番~10番のシングルハンドロッドを使用します。
浅い河川でサイトで狙うことが多いので、ウェイトフォワードラインのフローティングがほとんどです。
琵琶湖では、8番程度のシューティングヘッドを使うことがあります。

上記に合わせ、リーダーは3X~0Xを使用します。
重めのフライを使うことが多いので、ティペットはあまり長くない方が狙いやすいです。

フライ

ダンベルアイで沈めるタイプ

甲殻類や小魚を模したフライ全般が使えます。
雑食性ですので、使えるフライのパターンも多岐にわたります。
私はバス用フライもそうですが、ソルト用のフライをアレンジして使用しています。
下記の2冊はとてもに参考になります。

狙い方

サイトフィッシング

中流~下流域のフラットエリア

私の場合、上画像のようなポイントがメインとなりますので、魚を見つけて、下流側からアップクロスで狙います。
魚の少し前にフライを沈め、目の前をズル引きするのが一番よく釣れます。

ブラインド

魚影が濃いことがわかっている場合、ダウンクロスでスイングさせることがあります。
琵琶湖でも、小魚の群れの中を引っ張って、中層で釣れたことがあります。

まとめ

いかがでしたか。
遠征する気力も時間もないけど、フライで何か釣りたいときの選択肢として、ニゴイはおすすめです。
手軽にボーンフィッシュと同等のゲーム性を楽しめるフライdeニゴイを、是非ともチャレンジしてみてください。

コメント